地域包括ケア病床のご案内

急性期治療後のリハビリテーションや在宅復帰に向けた支援を行う為、平成29年8月1日に「地域包括ケア病床」を​8床開設しました。

地域包括ケア病床とは?

急性期治療を終了し、病状が安定した患者様に対し、在宅復帰に向けた医療や支援を行う病床です。
入院期間は、地域包括ケア病床に入院後、最長60日です。

状態が安定しましたら、退院となります。

・入院治療により病状は安定したが、もう少し経過観察が必要な方


・入院治療により病状が安定し、在宅復帰に向けてリハビリが

 必要な方


・在宅生活に戻るための環境整備が必要な方


・レスパイト(介護者の休養を目的とした)入院の方

対象の方

ご相談・お問い合わせについては、地域医療連携室 医療ソーシャルワーカーまでご連絡ください。