院長挨拶

広瀬病院 院長

​古賀 稔啓

乳がんを中心にがん専門医として患者様に世界の標準治療の提供を行うため、

十分な医療機器を装備し、チームスタッフを育てています。

 一般外来には、生活習慣病にかかわる基礎疾患を専門医とともに診療し、健診室では企業健診・一般健診を行い、積極的に健康相談を受けています。

乳腺外来では、専門医と専門のナース、検査技師、薬剤師でチームを作り、診断・手術・化学療法にあたります。

  消化器は内視鏡専門の医師が担当し、マルチスライスCTと1.5テスラMRIを導入し、頭から四肢まで詳細に検査が出来ます。特に乳房MRIは、乳がんの広がりを3D処理での画像処理ができ、患者様にわかりやすく説明が出来るようになりました。

なお、緩和病棟があり、患者様との心のつながりを大切に、終末期医療を行っています。

地域の皆様、連携医療機関と共に、従業員一同、たえず最新の医療情報を集め、​患者様に十分納得していただける診療、および治療を進めていきたいと思います。