乳がん検診Q&A

​よくある質問・・・

乳がん検診受診の間隔

なぜ乳がん検診は2年に1回なんですか?毎年じゃなくても大丈夫なんですか?

乳がん検診は40歳以上の女性に対して2年に1回です。

もしも検診を受けた次の日に乳がんが発生してしまったら・・・

「そこから2年間も放っておいて大丈夫なのか?」と思われるでしょうが、乳がんは2年間治療をしなくても

早期がんのままであることが多いです。

過去の統計からもそれほど増殖が遅い ”がん” だということが分かっています。

具体的な検診間隔に関しては、担当医が適切な期間を一緒に相談して決めますので、ご安心下さい。

​ただし、これは「毎月1回の自己検診」を行って頂いていることが前提です。

時折メディアでも話題になりますが、乳がんの中には増殖の速い乳がんも稀に隠れています。月に1回、お風呂で自分で

乳房を触ってみて、しこりがないかチェックして下さい。しこりがあるかもと思ったら、次の検診を待たずに​直ちに

受診して下さい。

乳がん予防

乳がんにならないようにするにはどうしたらいいでしょうか?

乳癌の予防に対しては、欧米にてホルモン剤、ビタミン剤を使った臨床研究が行われていますが、この結論がでるには時間が

かかります。今のところ何もありません。食べ物で食べてはいけないものがありますか? とよく聞かれますが、乳癌の

リスクを高めないことで、あえて予防できるものとしては肥満があげられます。

中年の肥満は他の生活習慣病にも影響します。

検査機器の選択

マンモグラフィとエコーはどっちがいいの?

マンモグラフィの有効性は世界的にも証明されています。

日本では40歳から、欧米では50歳から、2年毎にマンモグラフィ検診を受けている女性と

受けていない女性を比較した場合に、仮に乳がんになってしまったとしても前者の方が

早期にがんを発見でき、適切な治療を行うことで乳がんによる死亡を防げる割合が大きい

ということが分かっています。

エコー(超音波)に関しては検診におけるこの有効性がまだ​証明されていません。