​その他の医療機器

超音波(エコー)

 超音波を用いて体の内部を観察する装置です。特に乳房超音波検査法は

最近増加している乳がんを検出するのに有効で、​マンモグラフィで乳がんの

検出が難しい若い方や乳腺の多い方、乳房の小さい方に適しています。

内視鏡

通常、胃カメラや大腸カメラと言われる検査で透視検査と異なり、バリウム等の

造影剤を使用せずに行う消化管内の検査です。

胃内視鏡検査(上部消化管内視鏡検査)は、内視鏡のチューブを口または鼻から

挿入し、食道、胃、十二指腸を観察する検査となります。

大腸内視鏡検査(下部消化管内視鏡検査)は、肛門より内視鏡のチューブを挿入し、

大腸を観察する検査となります。

一般撮影装置

胸部、腹部、椎体、骨盤、四肢など全身のレントゲン撮影の他、
造影剤を使って胆嚢造影、尿路造影などのX線撮影を行っています。

透視装置

X線透視検査では通常のX線撮影とは異なり、X線を少し長く出力し、
体内を透視して検査を行います。
食道透視・胃透視・大腸透視などのバリウム等を使用した消化管検査や
ヨード造影剤を使った尿路造影、骨折の整復にも使用されます。